2018.08.02【寄稿記事】ライバロリバトル講座 第13回「ライバロリ的かいじゅうマニア!」

<寄稿記事とは>
ポケモンが“だいすき”なユーザーの方に、「ポケモンライター」として、ポケモンに関する様々なテーマで書いてもらった記事です。
今回は、特に『ウルトラサン・ウルトラムーン』の対人戦に興味があったり、バトルを楽しんでいる方向けの記事です。




アローラ!!!
「ライバロリバトル講座」を開いてくれたみなさん、ありがとうございます。

この「ライバロリバトル講座」では、僕(ライバロリ)が読者のみなさまから頂いた、ポケモンバトルに関するお悩みであったり、やってほしい対戦企画などを募集し、それらの題材について僕なりの意見を書いていくコーナーとなってます。
僕は巷では、最強のポケモントレーナーで、この記事もとてもタメになるものになってるのでぜひ最後まで見ていってください!!!
(「巷」っていっても僕の周りの仲いい人、4人くらいの中での話なんですけどね……。ま、それは置いといて……)

この講座で取り上げてほしい、お悩みや企画などは一番下の応募フォームから受け付けてるので、じゃんじゃん送ってきてください!
あなたのお題が採用されるかもやしれません。



そいうえば先日、「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」が公開されましたね。
僕は上映開始日の7月13日の午前11時頃に観にいったのですが、『ポケットモンスター 金・銀』のポケモンがたくさん出てくるし、世代的にドンピシャな僕には嬉しくてたまりませんでした。
あんまり、深いところまで言うとネタバレになるので言えませんが、映画が終わった後に来年の映画の予告映像が流れたのですが、そのときの館内のどよめきは今でも鮮明に覚えてます。
ポケモンのアニメを観てない人でも楽しめる内容になってるし、気になる方や興味のある方はこの夏の間に観に行ってみてはどうでしょうか!?


ということで本題に入っていくわけですが、今回の「ライバロリバトル講座」のお題は……、


怪獣(かいじゅう)


です。

ちょっと何を言ってるかわからないと思うんですけど、「かいじゅう」なんですよ。
ポケモンだいすきクラブさんのページに「かいじゅうマニア倶楽部」というものがあるんですけど、そちらを見るとわかりやすいかなと思います。

クリックでリンク!


ポケモンのゲームにも登場する「かいじゅうマニア」というトレーナー、みなさんご存じでしょうか?
簡単に説明すると、見た目が怪獣のようなポケモンを好んで使うポケモントレーナーのことです。
(表現が曖昧すぎる...笑)

「かいじゅうマニア倶楽部」のページを見てみると、ガブリアス、ギャラドス、ガルーラ、バンギラス、デンリュウなどなど……、ほうほう、確かに「かいじゅう」っぽいポケモンばかりだ……。

………………ん???

ヤドン!?!?!?!?!?


なぜか「かいじゅうマニア倶楽部」のページにヤドンの名前が……。
てか、ヤドンって「かいじゅう」なのか……?(笑)

まあ、「かいじゅう」自体が曖昧な表現なのであまり突っ込まないでいきましょうか!

ちなみに僕はヤドンというポケモンがとても好きで、ぬいぐるみだけで同じものをこれくらい持ってます。



なので今回は、かいじゅうポケモンチーム(ヤドン入り)で対戦してみようと思います。




◇実際に組んだ「かいじゅう」チーム



やっぱりかいじゅうと言ったら、「ボスゴドラ」でしょ!!!
僕だけですかね?このイメージを持ってるの。
(『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の114番どうろのかいじゅうマニアが「コドラ」を使ってきた記憶が残ってるのでそのイメージが強いのかも。)

「ボスゴドラ」「ヤドン」の耐久ポケモンの並びに加え、この2匹が苦手なでんきタイプに強めな「ガブリアス」、「ヤドン→べロベルト」という進化のラインを揃えるのもお洒落だなと思い連れてきました。

あ、1つ冗談を言いましたが、「ヤドン」の進化形は「べロベルト」ではないですよ!!!
正しくは、「ヤドラン」もしくは「ヤドキング」です。
でもポケモンをあまり知らない人に、「ヤドン」と「べロベルト」を見せて、「これ進化前と進化後なんだよ~」て言ってもふつうに信じちゃいそうですよね。

あとは、「ヤドンのあくび」と相性の良い「りゅうのまい型メガリザードンX」と、技範囲が広く多くのポケモンと戦えそうな「きあいのタスキ持ちサザンドラ」を最後に入れて完成しました。




◇実際の対戦へ



「ミミッキュ」、「カプ・テテフ」は、レート対戦でよく見る強力なフェアリータイプのポケモンです。
ですが、フェアリータイプに対しては、はがねタイプの「ボスゴドラ」が強く出れるので出していきましょう。
相手の「バシャーモ」と「ランドロス」がまだ厳しいので、僕のチームの癒し系担当「ヤドン」。
「ガルーラ」に対してダメージを稼ぎやすい、特性「さめはだ」を持つ「ガブリアス」。
この3匹で今回は戦っていきます。





最初は「ボスゴドラ」vs「ランドロス」になりました。
「ランドロス」の特性「いかく」で、「ボスゴドラ」の攻撃が下がります。
それにしても、「ランドロス」って畑の"神様"と言われているのに「いかく」してくるんですね。
でもそれくらいの方が、威厳があっていいのかもしれませんね。





相手は「ステルスロック」。ポケモンを交代するたびに、出てきたポケモンにダメージを与えていくという、少し足りないダメージの調整をできる優秀な技です。





こちらは、「メガシンカ」して「ヘビーボンバー」で攻撃。「メガボスゴドラ」のこのボディ……、たまりませんね。
見た目通り、パワーがとても素晴らしく、「いかく」を受けているにも関わらず、ランドロスに対して十分すぎるダメージを与えます。
まさに「怪獣の如し破壊力」。





相手が「じしん」で攻撃してきます。
「ボスゴドラ」は「メガシンカ」することで、いわタイプがなくなります。
まあ、はがねタイプだけでもじめんタイプの技は効果抜群なのですが、「メガボスゴドラ」の耐久力と、特性「フィルター」のおかげで、「ランドロス」レベルの攻撃でもダメージを半分以下に抑えられます。「怪獣の如し耐久力」ですね。
特性「フィルター」は、効果抜群の技を受けたときダメージを軽減する効果があります。





返しの「ヘビーボンバー」で「ランドロス」を倒していき、




相手が2番手に出してきたのは「バシャーモ」。
だが、しかし!!!
そのために「ヤドン」を連れてきたので、ここは「ボスゴドラ」を下げて「ヤドン」を繰り出していきます。




「バシャーモ」が「メガシンカ」して「フレアドライブ」を使ってきますが、「ヤドン」はみずタイプなので効果はいまひとつ。

さらに今回、「ヤドン」には今回「しんかのきせき」を持たせてるので、この程度のダメージしか入りません。









相手はたまらず「バトンタッチ」で「テッカグヤ」に交代してきます。
「バトンタッチ」で交代すると、能力変化を交代したポケモンに引き継ぐことができるので、「バシャーモ」の特性「かそく」で上がったすばやさを「テッカグヤ」へと引き継ぐことになります。



ですが、



余裕があったので、相手の交代も考えて「あくび」を選択してました。
「あくび」を受けたポケモンは次のターンに「ねむり」状態になります。
相手に交代されると意味ないのですが、逆に言えば交代を"させる"ことができるので様子見として優秀な技ですね。





「テッカグヤ」がなにをしてくるかわからなかったし、ここで「ヤドン」が倒れてしまうと相手の「バシャーモ」がきつくなるので、一度「ボスゴドラ」に交代して様子見をします。
相手は「やどりぎのタネ」を選択。毎ターンHPを吸い取られるのでけっこうキツいですが、前ターンに「あくび」を入れてたのでここで「テッカグヤ」が「ねむり」ます。





「テッカグヤ」が寝ている隙に、「ボスゴドラ」の「ほのおのパンチ」で倒し切ろうと思いましたが、



「バシャーモ」に交代され、うまく攻撃をいなされます。





しかし、こちらも「バシャーモ」に対しては「ヤドン」を出しておけば問題ないですね。
しかも、「ヤドン」の特性「さいせいりょく」は、他のポケモンに交代するたびにHPを回復できるので、何回も強気に「バシャーモ」に対し繰り出すことができます。





「バシャーモ」の交代際にうまく「めいそう」を使い、「ヤドン」の特攻と特防を上げていきます。
そのまま、「ねっとう」で「テッカグヤ」を削っていきますが、



「やどりぎのタネ」と、上手いタイミングでZワザ「ファイナルダイブクラッシュ」を受け、「ヤドン」が倒されてしまいます(泣)。



関係ありませんが、



「ヤドン」が攻撃されてる時のこの目、めちゃくちゃ可愛くないですか!??!?!?!?!?!?!?!??!?!?!
はい。





しかし、「テッカグヤ」も十分削れてたので、最後に「ガブリアス」を出して「げきりん」で相手のポケモンを全て倒し切り勝ちました!
「ボスゴドラ」と「ヤドン」の耐久ポケモンの並びで相手のポケモンを削り、「こだわりスカーフ」をもった攻撃性能の高い「ガブリアス」で詰めていくと……。
これが「かいじゅうサイクル」ですね(?)。




★★★おまけ★★★



「メガボスゴドラ」は防御力が高いかいじゅうポケモンなので、「キノガッサ」の「マッハパンチ」にはびくともしません。
「きのこのほうし」が強力な「キノガッサ」ですが、「ねごと」で返り討ちにできます。「ねごと」は「ねむり」のときにも使える技で、自分の覚えてる技の中からランダムに1つ使う技ですね。「ねむる」でHPを回復した後に、「ねごと」で攻撃していくというコンボも使えます。





「べロベルト」は隠れ特性が「ノーてんき」です。
天候状態に依存する特性や、天候状態で上がる技の威力なども元通りにすることができます。
なので……、



「メガリザードンY」の特性「ひでり」で上がる、ほのおタイプの技の威力も下げることができます。





特防を少し強めに育ててあげると、なんと!環境最大火力とも名高い「メガリザードンY」のほのおタイプの技も2回耐えれるようになります。
「いわなだれ」などを覚えさせておくと、後出しから「メガリザードンY」にも勝てますね。

「怪獣みたいなポケモン」は、ずっしりしたポケモンが多く、パワーと耐久力を兼ね備えたポケモンが多いので、相手の攻撃を耐えつつこちらの攻撃で相手を倒していくみたいな育て方、戦い方がしやすそうだなと使ってみて思いましたね。



えー、ということでね、今回はいろんなポケモンの戦い方(主に「ヤドン」、「ボスゴドラ」、「べロベルト」)を紹介しました!
今回は、いつにもまして真面目に書いてみたのですが、少しでもポケモンバトルやかいじゅうポケモンに興味を持った方がいてくれたら嬉しいです。

最後にもう一度いいますが、僕の推しは「ヤドン」です!
改めて「ヤドン」の一挙一動を見てみるとほんとに可愛いのでゲームを開いて確認してみてね!!!

この「ライバロリバトル講座」では、読者の方から頂いた企画やお悩みをもとに題材を決めております。気になることがあれば、下の応募フォームからじゃんじゃん送ってきてくださいね~。




<寄稿>ポケモンライター:ライバロリ
ライバロリ
Twitter:@raibarori


1994年3月生まれ。最初にプレイしたポケモンは『ポケットモンスター ピカチュウ』。実況者として日々レーティングバトルをプレイ。焼肉で火力が強いと、「オーバーヒートやべぇ」と感じる。好きなポケモンはルカリオ。

今までの記事はこちら!

ライバロリバトル講座
第1回:バトル相談「バリヤードでどうしても勝ちたい!」
第2回:ライバロリチャレンジ「もちものなしでレートバトルに挑戦!?」
第3回:番外編:「ミミッキュの育て方」
第4回:バトル相談「ゴウカザルを活躍させてあげたい!」
第5回:ライバロリチャレンジ「頭文字がラ・イ・バ・ロ・リのポケモン5匹でバトルして欲しい!」
第6回:バトル相談「受けループ対策のすゝめ?」
第7回:バトル相談「メガリザードンXとYの見分け方!」
第8回:バトル相談「ナマコブシを活躍させてあげたい!」
第9回:ライバロリチャレンジ「ノーマルタイプのポケモンだけで対戦!」
第10回:バトル相談「フォルムチェンジしていないロトムの戦い方!」
第11回:ライバロリチャレンジ「リージョンフォームのポケモンだけで対戦!」
第12回:バトル相談「“なまけ”のケッキングでどう戦う!?」
第13回:バトル相談「ライバロリ的かいじゅうマニア!」




ポケモンライター・ライバロリさんに、ポケモンバトルの悩みを相談しちゃおう!応募は以下で受付中!




©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures lnc. /GAME FREAK inc.
ページトップへもどる
アプリ情報メールマガジン登録はじめての方へ


  • 『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』
  • 『ポケモンクエスト』
  • 名探偵ピカチュウ
  • ポケットモンスター クリスタルバージョン VC
  • ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
  • ポッ拳 DX
  • ポケットモンスター 金・銀 VC
  • はねろ!コイキング
  • ポケットモンスター サン・ムーン
  • Pokémon GO
  • 『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』VC
  • ポケモンコマスター
  • ポケとる
  • ポケセンTOP
  • ポケんち
  • アニメ ポケットモンスター サン&ムーン
  • プロジェクトイーブイ
  • ピカチュウ誕生秘話