2016.07.22「オタケビ」をあげて、だれもがアツくなる連続バトル!『ポケモンガオーレ』体験記!

こんにちは!
だいすきクラブのケイです。

今回ごしょうかいのゲームは、ゲームセンターなどで今月かどうが始まったばかりの『ポケモンガオーレ』!(以下、『ガオーレ』) ケイは体験プレイができるのを、ひそかに楽しみにしていました。
だって、ほら……、大人が、子どもたちの輪の中に入っていくのって……、勇気がいるじゃないですか! これは堂々と遊べるチャンスなんですね~!!


さて、『ガオーレ』がどんなゲームなのかをざっくり言うと、

●「バトルしてゲット」(野生のポケモンとバトルを行うモード)か、「いますぐゲット」(バトルをせずに「クイックボール」を投げるモード)でポケモンをつかまえる!

●つかまえたポケモンを「ガオーレディスク」としてはらい出せば、そのポケモンは次のバトルから使えるので、バトルがどんどん有利になっていく!

といったところ(くわしくは『ポケモンガオーレ』公式サイトにて)。
バトルなしでもポケモンをつかまえることはできるのだけど、このゲームのだいご味は、やっぱりバトル!
「バトルしてゲット」なら、自分のねらうポケモンに合わせた「コース」が選べるし、プレイヤーのウデ次第で、ポケモンがよりつかまえやすくなったりします。


そんなわけで「バトルしてゲット」を選び、ゲームスタート!
コースは「ボルケニオンコース」。ボルケニオン、出るといいな~♪
このコースは、ほかにもラルトス、キルリア、サーナイトなどに出会える可能性があるとか。コースによって、出やすいポケモンがちがうというわけですね。


まずは野生のポケモンが登場。オンバーンとノコッチです。
こちらは最初のプレイなので、当然ガオーレディスク(ポケモン)を持っていません。
そんなときは「レンタルポケモン」! ルーレットでプレイヤーのポケモンが決まるので、相性の有利なポケモンが選ばれることをいのりながら、ボタンを押してルーレットを止めます。


ケイのポケモンは、ピカチュウとルカリオに決定。
バトルでは始めに、ポケモンのこうげきの順番を決めます。このとき画面下に「おうえんのフキダシ」が表示されるんだけど、これが大きくなったときにボタンを押すと、プレイヤーのポケモンの「こうげきゲージ」が速く進んで、先にこうげきしやすくなります。左のボタンで左のポケモン、右のボタンで右のポケモンを応えんするよ。

ケイのピカチュウが、いちばん先にこうげき!
こうげきする側には「こうげきルーレット」、ぼうぎょする側には「ぼうぎょルーレット」が出て、それぞれボタンでタイミングよく止めることで、こうげきをパワーアップさせたり、受けるダメージを軽くしたりすることができます。
でもこのルーレット、けっこう難しい! ねらった場所になかなか止まらないよ~、と苦戦していたのですが、ねらった場所が来るちょっと前にボタンを押すのがコツだという情報を、プレイ終了後に耳にしました。……もっと早く知りたかった!

「こうげきルーレット」のあとは、左右のボタン連打で「きあい」を上げて、さらにダメージアップをねらいます!
連打はやっぱりアツくなりますね~(笑)。ケイは連打にチカラが入りすぎて、『ガオーレ』のご担当のNさんに、「そんなに強くたたかなくても大丈夫ですよ」と言われてしまって、ちょっとハズカシかった……。


ピカチュウのこうげきがヒット! 野生のポケモン側の「ゲットゲージ」がたまりました。これを満タンにすればポケモンがつかまえやすい状態「ゲットチャンス」になり、さらに2匹とも満タンにすればボールを投げてポケモンをつかまえる「ゲットタイム」となる流れのようです。がんばるよ~!

さて、バトルにもどると、次にこうげきするポケモンを決めるために再び応えんが始まり、しばらくケイのポケモンと野生のポケモンとのこうぼうがくり返されます!

うむむ、「バトルタイム」が0になって、バトル終了になってしまいました。こうなるとゲットゲージが満タンになっていなくてもゲットタイムになるみたいだけど、やっぱりつかまえにくくなるのかな?
なお、この時点でケイのピカチュウとルカリオは負けてしまっていて、新しく呼び出したレンタルポケモンのルチャブルとフシギソウがいます。

投げるボールもルーレットで決定! タイミングよく「ボールレバー」を倒せば、よりポケモンをゲットしやすいボールを投げられるのですが、これもなかなか思うようにいかない(笑)。「モンスターボール」を投げて、つかまえられたのは……ゲットゲージを満タンにしていたノコッチだけでした!
さっそくノコッチをガオーレディスクにしますが、このとき100円が必要になるので、ガオーレディスクにするかしないかは、プレイヤー次第です。


次のバトルの前に、ルチャブルがガオーと「オタケビ」を上げる! このオタケビが、『ガオーレ』のタイトルの由来のひとつみたい。

オタケビは、前のバトル中にためたきあいによって大きさが変わるんだけど、ガオーレディスクをはらい出していると、オタケビを上げる前に、きあいをもっと上げるためのボタン連打ができます。オタケビが大きいほど、次のバトルで強いポケモンが出てきやすいから、ここはがんばりどころですよ~!


出てきたのは……ゲンガーと、またまたオンバーン。ボルケニオンを呼び出すには、きあいが足りなかったかな~(笑)。


2回目のバトルにとつにゅう!
続けてバトルをするには100円が必要ですが、①ガオーレディスクを前のバトルより1枚多く使える、②前のバトルに参加していたポケモンの体力が少し回復する、といった「れんぞくバトルボーナス」が受けられます。
きあいも、それまでにためた数値が引きつがれるので、より強いポケモンに出会いたいなら、続けてバトルをするほうがいいということですね。
なお、1回のプレイでできるバトルは、最大3回です!

しかし、ポケモンの強さの差や、ケイが「ぼうぎょルーレット」を上手く止められなかったこともあり……


ケイのポケモンがすべて負けてしまい、バトル終了! 新しいポケモンが出せなくなると、それ以上連続バトルをすることはできないので、ここで1回のプレイも終了です。


と、ここでもゲットタイムがやってきました。どうやらゲットタイムは、バトルが終了したときに、かならずあるようです。負けても最後まであきらめちゃダメってことですね!

バトルが終了する(=「ゲットタイム」が発生する)条件まとめ

①野生のポケモンの「ゲットゲージ」を2匹とも満タンにする
②「バトルタイム」が0になる
③プレイヤーのポケモンがすべて負ける(新しいポケモンが出せなくなる)


今度は「スーパーボール」を投げられました。つかまえられるかな?


ゲットゲージが満タン近くまでたまっていた、オンバーンをゲット! ガオーレディスクにします♪
こうやってちょっとずつ、仲間を増やしていくんですね。


▲1回のプレイの中で、①ポケモンをつかまえられないことが1回でもあった、②ポケモンをつかまえてもガオーレディスクにしないことが1回でもあった、のどちらかの条件を満たしていると、最後のバトルのゲットタイムのあとに、「ラストチャンス」が発生。3つの草むらのどれかに「クイックボール」を投げて、ポケモンをつかまえられます! また、「ラストチャンス」ではなく、「しんかチャンス」や「グレードアップチャンス」が発生することもあります!



このあと、何回かゲームにちょう戦して……

ガオーレディスク、こんな感じに集まりました。
ぐうぜんですが、アニメ「ポケットモンスターXY&Z」のサトシのポケモンみたいになった!(なんかウレシイ)

ちなみに、「黒いメガサーナイト」キャンペーンのガオーレチケットを使って、「いろちがいのサーナイトコース」も遊んでみたんですが、「いろちがいのサーナイト」には会えたものの、つかまえることはできませんでした。次こそは~!


というわけで、大人も子どもも十分ハマれる『ガオーレ』。
ゲームコーナーに行ったら、勇気を出して遊んでみようと思います!(笑)
みなさんも、遊んでみてくださいね!


『ポケモンガオーレ』公式サイト
https://pokemongaole.com/


<記事>ケイ


©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
Developed by T-ARTS and MARV
ページトップへもどる
アプリ情報メールマガジン登録はじめての方へ


  • ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン
  • ポッ拳 DX
  • ポケットモンスター 金・銀 VC
  • はねろ!コイキング
  • ポケットモンスター サン・ムーン
  • Pokémon GO
  • 『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』VC
  • ポケモンコマスター
  • ポケとる
  • ポケセンTOP
  • ポケんち
  • アニメ ポケットモンスター サン&ムーン